2009年10月23日

ワカメは育毛に良いのは本当?

育毛に良い食べ物の代表は「ワカメ」ですね。

昔からよく「ワカメをいっぱい食べると、髪の黒い子供が生まれる」と言われますね。

そのようなことからも育毛、発毛を考える人で、積極的にワカメを食べるようにしている人も多いと思います。

ワカメなどの海藻類の食べ物が、昔から育毛に良いと言われている理由は、それらにミネラルが多く含まれているからです。

海藻には、ヨウ素という成分がたくさん含まれています。
ヨウ素というのは、ミネラルと同じ仲間です。
ヨウ素の含まれる食べ物を積極的に食べると、甲状腺の働きを高めてくれると言われます。

その結果、育毛が促進されるのです。

またヨウ素が含まれる食べ物は、
タンパク質といっしょに摂取するとその効果を促進してくれます。

食事の時に肉や魚のタンパク質とヨウ素の含まれる食べ物を一緒に摂取すると、そのことで育毛効果が高まります。

ヨウ素は海藻に多く含まれます。
100グラムあたり乾燥昆布だと200〜300mg、乾燥わかめだと7〜24mg、乾燥ひじきだと20〜60mgのヨウ素が含まれています。

ヨウ素は、特に海産物に豊富に含まれているため、
海に囲まれている日本のような国と、陸地ばかりに囲まれた国とでは摂取量に大きな差があるようです。
タグ:育毛
posted by 薄毛 at 23:00 | TrackBack(0) | 育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122027743

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。