2009年06月28日

毛母細胞の働きをよくする食べ物は?

毛母細胞とは、その名のとおり毛の母、つまり育毛、発毛の基盤になる細胞です。

毛母細胞の働きがよくなると毛髪はすくすくと育つわけですが、
実は、毛母細胞の活動を活発にする食べ物があります。

それは、にんにくと玉ねぎとアロエです。

にんにくと玉ねぎは血行をよくし、毛母細胞の働きを手助けしてくれます。

玉ねぎは料理のジャンルを問わず、幅広く使われていますね。
たくさん食べるようにしてください。
血液サラサラ効果もあります。

にんにくもさまざまな料理の脇役、隠し味として使われているので無理なく摂取できると思います。

にんにくは、単体で一度に大量に食べると胃が荒れるので、
食べ過ぎに注意しましょう。

アロエはやけどの薬や胃の薬としても有名ですが、
育毛にも効きます。

食材としても有効ですが、シャンプーや育毛剤の成分として配合されていることが多いです。

アロエのタンニン酸には色素細胞を活性化させる働きがあります。
育毛効果や白髪などにも髪の毛全般に効果があると言われています。

髪を補強する!マミヤンアロエ漢方シャンプー!マミヤンアロエ 漢方シャンプー




髪を補強する!マミヤンアロエ漢方シャンプー!マミヤンアロエ 漢方シャンプー

アロエの料理はなかなか難しいですが、
アロエ葉肉の入ったヨーグルトやジュースなどで摂取できますね。
ラベル:育毛 毛母細胞
posted by 薄毛 at 19:00 | TrackBack(0) | 育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。