2009年09月12日

抜け毛チェックをしましょう


薄毛が気になってくると、日々の抜け毛の量が気になるところですね。

シャンプーするたびにどうも、抜け毛が多くなっている気がして・・・、
と悩んでいる人は多いかと思いますが、
誰しも1日に何本かの髪の毛は抜けていくものです。

正常範囲内での抜け毛を気にしていると、
それが原因でストレスとなり、逆に抜け毛が増えてしまうこともあります。

そこで、通常の抜け毛はどの程度なのか、知っておく必要がありますね。

髪の毛には寿命があります。

通常、男性の髪の毛は3〜5年、女性は4〜6年ほどの寿命になっていて、寿命が終わった髪の毛から順番に抜けていきます。

もともとの髪の量、また季節の変わり目、特に秋口に抜け毛の量が増えると言われていますが、平均すると1日に50〜100本程度のペースで抜けていきます。

この程度の量の抜け毛なら全く問題ないのですが、
自分の髪の毛がどのくらい抜けているかなんて、分からないですよね。

少し面倒ですが、お風呂の排水溝にネットをしておき、抜け毛が流れないようにしておきましょう。シャンプーをした後に、髪の毛の本数を数えます。

普通、シャンプー1回に抜ける数の3倍の髪の毛が1日に抜けていると言われていますよ。

この作業も面倒だ、という人は、朝起きた時に枕元に付いている髪の毛の本数を数えてみましょう。40本以上ある場合は抜け毛が多いと考えて良いでしょう。

抜け毛をチェックする時は、抜け毛の状態も見ておきましょうね。
抜け落ちた毛は健康的でしょうか?
極端に細すぎる抜け毛であったり、抜け毛の太さにばらつきがあったりする場合は、頭皮の状態が弱っていることが考えられますよ。
お家でのヘアケアの参考にしてくださいね。
タグ:抜け毛
posted by 薄毛 at 10:49| Comment(0) | 抜け毛 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

育毛に効くホホバオイル

ホホバオイルは育毛にとても良いと言われています。

ビタミンEを含むホホバ油は、肌にむらなくのびて浸透するので
頭皮につけると、すばやく浸透し、毛穴に詰まった皮脂などの老廃物を取り除きます。
皮脂と同じ分子構造を持っているホホバは、頭皮に悪い刺激を与えることがありません。

さらにホホバオイルには、育毛に必要と言われるすべてのビタミンB群やビタミンE、そしてケイ素、銅、亜鉛、ヨウ素、クロム、ヨウ素、アミノ酸などが豊富に含まれています。

その成分が頭皮に栄養を与え育毛を促進するのです。

特にアミノ酸は、育毛には不可欠です。

また、衰弱した頭皮をヨードが細菌による酸化から守ってくれます。
これらは頭皮にだけでなく、現在生えている髪の毛につけると、実は髪を紫外線やドライヤーの熱から守ってくれます。

また大気中の汚染から保護もしてくれるので、発毛後のダメージケアとしても最適だと言えます。

育毛に必要な栄養素が、全てこのホホバオイルに自然な量で含まれていることが、育毛率を高くしています。
これが長年にわたり、天然育毛剤として愛用されている理由です。

ホホバオイルを使って育毛ケアの方法を簡単に紹介します。

ホホバオイルを付けて、頭皮をマッサージしてください。

マッサージした後、抜け毛、切れ毛など気になる場所に、もみこむようにつけて、30分ほど放置します。
その際、保温効果のためヘアキャップなどを使用すると、もっと効果的です。
その後は、シャンプーで洗うだけです。
簡単にどなたでも育毛ケアができますね。



ベイシス ホホバオイル 120ml 精製ピュアホホバオイル 化粧品グレード 無添加 【05P18Aug09】

posted by 薄毛 at 21:45 | TrackBack(1) | 育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

薄毛を目立たなくする方法

薄毛を目立たなくする方法

薄毛自体の改善にはなりませんが、目立たなくする良い方法があります。

それは、髪型を変えることです。

うんと伸ばして、薄いところを隠すのではありません。

逆に、坊主やスポーツ刈り、または、スキンヘッドにするのです。

えー!?  っと、驚くことと思います。

確かに大胆なイメージチェンジですね。

でも、確実に薄毛は目立たなくなります。

毛を剃ると毛が濃くなる・・・という話もよく聞きますが、
これは迷信です。

スキンヘッドを勧めるのは毛を剃って毛を濃く増やそうというわけではありません。

posted by 薄毛 at 14:05 | TrackBack(0) | 育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。