2009年07月30日

帽子は育毛に悪いってホント?

暑いですね。
夏の陽射しを少しでも避けるのに
帽子をかぶることも多いですね。

でも、帽子を長時間かぶっていると育毛に悪影響を及ぼし、
抜け毛を増やしてしまうんです。

長い時間、帽子やヘルメットを着用することは、
頭皮を長時間圧迫し、毛根に充分な血流が行き渡らせることを妨げます。

仕事の関係でヘルメットなどをかぶらなければならない場合は、休憩のときなどははずして、頭皮のマッサージをしましょう。

頭皮でも特に天頂部付近にある細胞の毛細血管は、
わずかたった10ミクロンと非常に細い血管でできています。
それほど細い血管ですから、ほんのわずかな重量物に圧迫されただけ、とても簡単に血流が阻害されます。

それに、帽子やヘルメットは、頭皮を蒸らしてしまうので、雑菌が毛穴に入り込みやすくすぐに増殖できる環境になります。

あまり神経質になりすぎるのもいけませんが、
いつも帽子をかぶっていると、日々、徐々に血流が阻害され、廃用性萎縮が原因で脱毛に繋がる可能性は充分考えられます。

帽子やヘルメットはなるべく通気性の良いものを選びましょう。

抜け毛、薄毛を気にして帽子で隠す、というのは、
実は悪循環で、ますます抜け毛が増えますのでご用心。

ただし、寒い季節、
つまり冬は帽子で頭皮の冷えを防止することが大事です。

頭皮の冷えは、育毛を妨げるのです。

オシャレと育毛の観点から、
帽子はうまく、使いこなしてくださいね。




posted by 薄毛 at 22:52 | TrackBack(1) | 育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

育毛に効くツボ押し

薄毛の育毛対策の一つとして、ご自分で簡単に出来る薄毛に効くツボマッサージをご紹介します。

薄毛の原因には、男性ホルモンの分泌の増加、激しいダイエット、不規則な生活で頭皮に栄養が行き届いてないなど様々な理由があります。

ツボを押すことで、体の機能を正常に近づけ血行促進や代謝アップの効果が期待できるので、育毛対策にも効果があるということです。

安是穴(あぜけつ)
「ツボの探し方」
 ・安是穴とは今現在、症状が現れているところを意味します.髪の毛が薄くなっているところのことです。
「ツボ押しの方法」
 ・毛が薄くなっている箇所を、両手の指先で交互に軽くたたきます。ブラシでの刺激でもよいです。
1〜5分間続けます。
 ・これを1日1〜2回を目安に続けてください。
地機(ちき)
「ツボの探し方」
 ・両足の内側のくるぶしの一番高い所から、指10本分上の場所、脚の骨の内側になります。
「ツボ押しの方法」
 ・親指の腹部分をあてて、円形を描くように、やさしく数回押します。
 ・これを3〜7回繰り返し続けます。
 ・お灸を使っても硬貨があります。
ツボ押しをするときの注意点ですが、空腹時、満腹時は避けましょう。
患部が熱を持つような捻挫や骨折などがある場合は行わないでください。
ツボ押しは毎日続けて行ってください。
お灸を使うときは、1週間に2、3回の回数で行います。
薄毛対策のツボ押しのコツは、「気持ちいい」と感じるくらい、やさしく押すと育毛に効果的です。

百会を刺激するツマヨウジ育毛法も効きます。

そして毎日コツコツ続けることが育毛への道です。
posted by 薄毛 at 08:25 | TrackBack(0) | 育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

夏こそ頭皮のべたつきを抑えましょう

夏は暑い!
汗で、いつも以上に頭皮がべとべとしていますね。

それで、いつも以上にシャワーを浴びて、
シャンプーする回数が増えがちです。

頭皮を清潔にするには洗髪が一番良い方法なのですが、
どうしても洗浄力の強いシャンプーで洗いすぎることは、
発毛、育毛には悪い影響を与えてしまいます。

つまり、本来、頭皮は適度に皮脂があり、
乾燥しすぎないように調節されています。

だから、頻繁にシャンプーで皮脂を洗い流すことを繰り返していると、
頭皮は、どんどん皮脂を分泌して頭皮の乾燥を防ぐようにするのです。

その皮脂量は必要以上になり、べたつく、また洗い流す、またまた皮脂量が増えてべたつく・・・という悪循環になるのです。

これでは育毛にはとても悪い環境となります。

また、シャンプーのやりすぎではないのに皮脂量が多い場合は
ストレスが考えられます。

イライラして交感神経が興奮していると、
皮脂が異常分泌しているケースがあるのです。

育毛のためにもリラックスを心がけてくださいね。
posted by 薄毛 at 12:00 | TrackBack(0) | 育毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。